心が温かくなる日蓮の言葉

著:大平宏龍

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「酒と女房があればいい」「親友のためなら地獄に落ちる」「馬をわが子のようにかわいがる」…。日蓮の遺した手紙の一節である。厳しい一面が先行しがちだが、彼ほど庶民感情を解し、喜怒哀楽を素直に表現した僧はいない。だからこそ宮沢賢治も内村鑑三も矢内原忠雄も共感したのではないか。本書では、文学的にも評価される日蓮の至言をより多くの方に読んでいただけるように「いのち」「感謝」「誇り」「友情」「愛」「信」「悲しみ」「国土」といったテーマごとに分類。理解しやすい解説を心掛けた。数え切れない法難を乗り越えてきた彼の言葉は時代を問わず悩める人々の心に火をともす。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/08/14Posted by ブクログ

      日本仏教史の中でも、日蓮は特異な宗教者であると思われる。他宗攻撃などの激しい生き方に反発を覚える人も少なくないが、その一方で絶大な人気を持っている。

      以前、とある日蓮宗僧侶とのご縁から、日蓮を知りた...

      続きを読む
    • 2018/06/12Posted by ブクログ

      日蓮遺文から短いことばを引用し、それについて著者自身が自由に語っている本です。「いのち」「感謝」「誇り」「友情」「愛」「悲しみ」「国土」といったテーマに分けられ、ひとつの項目につき数ページの短いエッセ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000214573","price":"770"}]

    セーフモード