【最新刊】逸脱の論理

逸脱の論理

高橋和巳

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    生涯の師ともいうべき埴谷雄高の文学と思想の本質を追求した表題作の他に、竹内好・武田泰淳・三島由紀夫・椎名麟三・野間宏・井上光晴・深沢七郎など、著者がもっとも親炙した戦後文学者、さらに漱石・藤村・太宰への精緻な考察を収め、作品論を通して本格的文学論を展開。

    続きを読む
    ページ数
    250ページ
    提供開始日
    2014/01/24
    連載誌/レーベル
    河出書房新社電子書籍
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2006/07/05Posted by ブクログ

      烏兎の庭 第二部 箱庭 2.17.06
      http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto02/diary/d0602.html#0217

    セーフモード