【最新刊】登園しぶり登校しぶり

登園しぶり登校しぶり

著:内田良子

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「今、休みを認めたら休みぐせがついて、将来不登校になりますよ。泣いても、わめいてもいいから連れて来てください」と言う幼稚園や保育園の先生が多く、親を不安にさせる。ほんとうにそうなのだろうか。その疑問に答えるために、本書は書かれた。「登園しぶり」をするときの、幼い子の心とからだの動揺を幼稚園と保育園に分けて書いてある。また、小学校以降の不登校の実態も書く。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    219ページ
    提供開始日
    2014/01/17

    レビュー

    • 2016/10/31Posted by ブクログ

      何が正解か分からないこの問題。でも、子どものありのままを受け止めればいいんだと感じました。園や学校に行けなくても、ちゃんと大人にはなれる。分かってるけど自分が親だったら「それでいいよ」って言えるかなあ...

      続きを読む
    • 2014/02/14Posted by ブクログ

      作者は、子ども相談室「モモの部屋」を主催する心理カウンセラー。
      4月からムスメが小学校に上がるが、あまりにも小学校を嫌がっているので、もし「登校しぶり」になった時に心構えをしておこうと手に取った一冊。...

      続きを読む
    • 2010/02/05Posted by ブクログ

      図書館で目について借りる。

      小学生の娘が保育園児だった頃、
      保育園に行きたがらず、
      どう対処していいのか、
      あれこれ悩んだことがある。

      あの頃にこの本があれば良かったと
      つくづく思った。

      当時の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード