話が伝わらなくて困ったときに読む本

著:河合薫

940円(税込)
ポイント 9pt

「キミの話はよく分からない」――。そんなことを上司から言われた経験はありませんか?本書では、「自分の言葉で表現する」ことにこだわり続けてきた著者が、自分の話を分かりやすく相手に伝え、相手とつながるためのヒントを紹介しています。「話をうまく伝える」ことと、「自分の頭で考える」ことの関係や、「通じ合うことの楽しさ」について、自身の経験を交えながら丁寧に解説。「なぜ自分の話は伝わらないのか」。そんな日々のコミュニケーションで感じるストレスから解き放たれる一冊です。

続きを読む

レビュー

3.2
4
5
1
4
1
3
0
2
2
1
0
  • ネタバレ
    2015/05/16Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/10/14Posted by ブクログ

    もう何年も積読になっていた本 そんなに難しい感じの本じゃないのに、何回か読もうとしては読み進められず断念 今回、人間ドックの数日前から読み始め、ドックの待ち時間に完読できました(笑) なんで、この本が...

    続きを読む
  • 2012/10/23Posted by ブクログ

    「伝える」ことと「伝わる」事は、違う、ということ 「自分の中に、伝えるべきものがなかった」 この2点に気付かされただけでも、価値のあるものでした。

もっと見る

セーフモード