【最新刊】叫びと祈り

叫びと祈り

著:梓崎優

639円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇……ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理。《週刊文春》ミステリーベスト10国内部門第2位をはじめ各種ミステリ・ランキングの上位を席捲、本屋大賞にノミネートされるなど破格の評価を受けた、大型新人のデビュー作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/10

    レビュー

    レビューコメント(66件)
    • 叫びと祈り
      2014/09/28

      いやぁ~、しかし
      これまたとんでもない新人が現れたもんですね(笑)

      ブクログで仲良くさせてもらってる我がミステリー小説の師・kwosaさんのオススメで読んでみたけど、
      いや、ホンマ、ワクワクドキドキ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 叫びと祈り
      2016/12/22

      読み終わって、思わず溜息をついた。それは話がつまらないだとか、とんでもないトリックにどっきりした、とかではない。純真たるミステリー小説において、ここまで文章を美しく書けるのかと驚く、感嘆の意である。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 叫びと祈り
      2013/12/07

       世界各国を舞台に、ライターの斉木が活躍する連作ミステリー。

       この本を読んでいて思い出したのは『文化相対主義』と『自民族中心主義』という言葉です。文化相対主義は全ての民族は文化で優劣を決めるもので...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード