アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

角幡唯介

1,543円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    デビュー作『空白の五マイルチベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で2010年第8回開高健ノンフィクション賞、2011年第42回大宅壮一ノンフィクション賞、2011年第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞し、『雪男は向こうからやって来た』で2012年第31回新田次郎文学賞を受賞した若き冒険作家の最新作!今なお命の瀬戸際まで人間を追いつめる酷寒の北極圏。19世紀、地図なき世界と戦い、還らなかった人々を追う、壮絶な1600キロ徒歩行!人間の生と死をめぐる力強い物語!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード