【最新刊】うちの犬ががんになった

うちの犬ががんになった

1冊

著:ウィム・モーリング 執筆協力:井上敬子 獣医学監修:石田卓夫

1,466円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛犬ケンタをがんで亡くした著者の実体験を綴った、愛犬の「がん」と向き合うための実用書!飼い主さんの視点で書かれた本書は、愛犬ががんになってしまった飼い主さんはもちろん、飼い主さんの意向や気持ちに配慮した治療を行う獣医師にとっても貴重な情報が満載です。いま日本で飼育されている犬のうち、毎年あらたに全頭の10%、120万頭以上ががんを発症し、特に10歳を過ぎた老犬の50%は、がんで死んでしまいます。実は犬にとって、がんはとても「身近な」病気なのです。著者のウィム・モーリングは、日本在住の元ジャーナリスト。愛犬のゴールデン・レトリバー、ケンタをがんで亡くした彼は、ケンタの担当獣医師だった井上敬子先生にも協力してもらい、自分の経験をまとめて、がんになった犬のケアについて一冊の本にまとめました。本書は、愛犬ががんになってしまった飼い主さんのための実用書です。飼い主さんが、がんの正しい知識を持ち、最適な治療法を獣医師と相談し、自宅で最良のケアをするために、愛犬の日常生活や心理を著者独自の視点に基づき、わかりやすくアドバイスしています。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    163ページ
    提供開始日
    2014/01/10
    出版社
    緑書房
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード