【最新刊】福祉総合教育におけるロールプレイ : 生活者の視点を培うゲーミング・シミュレーションの可能性

福祉総合教育におけるロールプレイ : 生活者の視点を培うゲーミング・シミュレーションの可能性

編著:石川瞭子 著:長崎和則 著:佐藤量子 著:眞口啓介 著:藤原真人 著:佐藤光子 著:渡邊慶一

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    コミュニケーションや人との付き合い方が重視される社会福祉の現場。その養成課程で様々な事例や援助場面をシミュレーションできるロールプレイは非常に有効的である。教育的実践とデータを踏まえてその有効性を理論づける。/序章:福祉総合人の育成のために1章:わが国のソーシャルワーカー養成上の課題2章:わが国のソーシャルワーカー養成課程のなかのロールプレイ3章:米国のソーシャルワーカー養成課程におけるロールプレイの展開について4章:グループ学習におけるロールプレイの意義─K大学の社会福祉援助技術論において─5章:ロールプレイを授業に展開することの意義─人間育成の観点から─6章:ロールプレイ等の演劇的手法を盛り込んだ授業の特徴7章授業の実際8章演劇的手法を用いた社会福祉の養成課程─その他の場合─9章:ロールプレイの可能性─演劇的知の構築と社会福祉士養成─10章:生活者の視点を育むゲーミング・シミュレーション教育法の可能性※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    225ページ
    提供開始日
    2014/01/10
    • 福祉総合教育におけるロールプレイ : 生活者の視点を培うゲーミング・シミュレーションの可能性 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      福祉総合教育におけるロールプレイ : 生活者の視点を培うゲーミング・シミュレーションの可能性 全 1 巻

      2,420円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード