地球環境問題の現場検証(フィールドワーク): インドネシアに見る社会と環境のダイナミズム

編著:池田寛二 著:ムマン・ヌルヤナ 著:青木武信 著:ルスリ・チャフヤディ

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地球環境問題をみる時、地球全体主義の視点で現場を見、実際のものを歪めて見てしまうことがなかろうか。そこで、個別性と多様性に彩られたインドネシアの「現場」で地球環境問題を検証しようという試みである。森林消失、大気・水質汚染、ゴミ等、どこの国でも抱えている環境問題をこの国でも抱えている。しかし、先進国といわれる国以上にユニークな取り組みを行ってもいる。その「現場検証」によって見えてくるものは今後環境問題を考えるうえでも大きなヒントとなるだろう。/序章:地域研究と地球環境問題第1章:インドネシアに見る地球環境問題第2章:混迷する森林消失問題のゆくえ─東カリマンタン州とリアウ州を事例として─第3章:ポスト・スハルト時代の社会変動と環境問題第4章:都市から農村に波及する廃棄物問題─バンドン、ジャカルタ、ジョクジャカルタなどを事例として─第5章:岐路に立つ国家の環境政策第6章:地域と市民から発信される環境ガバナンスの新しい潮流第7章:イスラームと環境運動第8章:「改革」と地球環境ガバナンス終章:地球環境問題と地域研究の課題※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/05/21Posted by ブクログ

      社会学や人類学では地球環境問題の研究は地域研究を切り口にして展開するしかない。
      環境問題もムスリムにとっては宗教上の問題でもある。イスラムと必然的に結びつくことになる。
      地球環境問題はグローバル問題で...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000213081","price":"2640"}]

    セーフモード