いとし子よ

著:永井隆

367円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。私はよい父であったろうか。本書はその反省の上に立って、二人の幼児への遺訓という形で綴られているが、これはわが子誠一と茅乃だけに対する遺誡ではない。「わがいとし子よ。〈なんじの近きものを己の如く愛すべし〉そなたたちに遺す私の言葉は、この句をもって始めたい。そしておそらく終わりもこの句をもって結ばれ、ついにはすべてこの句にふくまれることになるであろう」という言葉で本書は書き出されている。身近な話題の中に、わが子とすべての人間に対する切々とした思いを取り上げ、親は子どもに対する、子どもは親に対する愛情をいやが上にもかき立てられる。聖フランシスコ・ザベリオ渡日400年記念式典が浦上天主堂で行なわれた翌日、思いがけず教皇特使の見舞いを受けた際の悦びは、子どもたちにとっても無形の遺産となったにちがいない。

続きを読む

レビュー

2
1
5
0
4
0
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2014/10/11Posted by ブクログ

    課題図書だったため、購入。個人的にはあまり好きではないかな。何というか、言い回しが。読んでいて疲れてしまいました。永井氏の「父」としての視点から書かれているからなのかなあ、と。
    しかしこの作品について...

    続きを読む

セーフモード