共生社会を目指して : 在日韓人社会と日本

著:李光奎 著:賈鍾壽

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人そして彼らと最も長く付き合った在日韓国・朝鮮人とが、これからの日本において、社会的先進国として多民族多文化共生社会をともに築き上げるためには、まずは、日本における1世紀にわたる在日韓国・朝鮮人の歴史を理解し合うことから始まる。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/06/18Posted by ブクログ

      終戦後、在日はやみ市をやっていたが、閉鎖され日本社会は発展していったが、在日社会は貧しいままだった。
      東京の在日の上位の業種は、パチンコ、焼肉、金融業。
      パチンコ業者の70%が在日。
      電電公社では19...

      続きを読む

    セーフモード