ロボットで探る昆虫の脳と匂いの世界 : ファーブル昆虫記のなぞに挑む

著:神崎亮平

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書は、微小サイズの世界で活躍する昆虫の特徴からはじまり、昆虫の感覚や脳そして行動へと話が進みます。人間とは違う「昆虫の世界」や「昆虫の能力(昆虫パワー)」がひも解かれます。そして、ファーブルの残した「昆虫の匂い源探索のなぞ」に、最新の生物学・情報学・ロボット工学から、その解明がどのように行われたかがわかりやすく紹介され、読者を「昆虫の匂いの世界」へと誘います。今、昆虫の研究は、ファーブルの『昆虫記』から数段深いレベルに達し、ファーブルでさえ想像しなかった方向へと向かっています。昆虫の脳のしくみにより動くロボット、昆虫の脳の仕組みを世界最速のスーパーコンピュータ上に再現する研究が展開される本書により、昆虫の魅力がこれまでとは違う新たな視点から読者を魅了するでしょう。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/06/06Posted by ブクログ

      筆者は東大の先端研での研究者です。

      ”適応”という機能を昆虫も持ち合わせていることを、昆虫が操縦できるロボットにより、証明し、昆虫の脳の解析を通して、人間の脳の理解を深めようとしているお方。
      現在は...

      続きを読む

    セーフモード