進化する“みどりの香り” : その神秘に迫る

著:畑中顯和

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「みどりの香り」研究の第一人者として著名な畑中顯和先生の、50年におよぶ「みどりの香り研究」の集大成ともいうべき一冊。「みどりの香り」は、植物の葉っぱから放たれる「さわやかな青くささ」(青葉アルコールや青葉アルデヒドなどの複合体)のあるこの世で最も「心のやすまる香り」です。この研究は、日本が海外に誇れるオリジナル研究として知られています。本書について著者は「研究の展開を追うだけでなく、この集大成のポイントをほぐし、それを多角的に解析し、読者にできるだけやさしく書きたい」と述べています。“みどりの香り”にまつわる様々なエピソードをはじめ、自然科学と芸術の調和によって築かれた壮大なロマンと夢を語ってくれます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード