香り分子で生物学を旅する : 嗅覚と科学のファンタジー

著:大瀧丈二

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。鼻の中で匂いを受容するしくみを分子レベルでわかりやすく解説。嗅覚研究の第一人者が、嗅覚と科学の「ファンタジー」の世界へ招待します。香りが鼻の中に入り、匂いを感じるとき、いったい何が起こっているのでしょうか。世界に先駆けて匂い受容体の機能を解明した著者が、鼻の中の分子の動きを丁寧に説明し、教科書には書かれていない興味深い視点を提供します。嗅覚などの感覚によって構成される認識世界は、感覚器から得られた情報が脳で再構築された虚構あるいはファンタジーであると著者は主張します。香り・匂いの世界は生命とは何かを考えるための絶好の題材として取り上げられており、本書は具体的なトピックを取り扱った現代生物学の入門書としても画期的な試みだといえるでしょう。アクセル教授やチャルフィー教授など、著者の恩師であるノーベル賞受賞者について人物像を紹介するとともに、現代社会の中での科学のありかたも提言しています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード