イヌは匂いの夢を見る : なぞに包まれたイヌの嗅覚を科学する

著:外崎肇一

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。動物の嗅覚は、1)食べ物を選別する、2)その場の環境の変化を察知する、3)敵や異性、仲間を選別するなどの役割を担っています。中でもイヌは、匂いの世界を夢見ることにたけています。また、イヌの嗅覚は人の何千倍、何億倍ともいわれる無類の鼻ききとして知られています。本書は、生き物が苦手の生理学者である著者が、イヌの嗅覚研究の第一人者に至るまでの苦闘の歴史と、長年の研究生活をもとにイヌの嗅覚にまつわる研究の実情やエピソード、将来への夢を語っています。最近の研究成果の1つは、福祉犬を育成しているNPOと協力して、がん患者特有の呼気の匂いを「がん探知犬マリーン」に嗅がせ、「がん」を発見することに成功しました。イヌの嗅覚を用いて「がん」の早期発見と嗅診の可能性、さらには「匂いセンサー」開発への展望を拓く端緒になるものと期待されています。匂いにまつわる嗅覚には、生命保持につながる様々な情報が含まれています。匂いの不思議さと重要さを再認識させられる最新情報が、読む人を魅了するでしょう。

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/20Posted by ブクログ

      犬や嗅覚に興味がある学び始めの方
      →あまりオススメできません。少なくとも大学の生物学初級の知識を前提とした表記が多めです。

      研究者の方
      →こちらもあまりオススメできません。学術書らしさが低い(主観が...

      続きを読む

    セーフモード