有機的建築の発想-天野太郎の建築-

編:吉原正

2,160円(税込)
1%獲得

21pt(1%)内訳を見る

    戦後の混乱した世情の中で、歌人・会津八一の薫陶を受け「自然」から学び「日常心理」を大切にし、また遠藤新、ライトに師事して建築の芸を体得し、清新な建築を作りつづけた建築家・天野太郎の創作基盤を語り、その実作を載せた記録。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

       建築について、考えたことがなかったので、まずは、ルコルビジェ展を見て、建物への光の取り入れ方がポイントだなと思った。ルコルビジェは「住宅は住むための機械である」と言って、コンクリート建築に突き進んで...

      続きを読む

    セーフモード