石燈籠の話

編:龍居庭園研究所

1,944円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    石造美術品として、あるいは庭の添景物として石燈籠を多角的に紹介。石燈籠そのものと、石燈籠を扱った庭の様々なデザインについてまとめた、石燈籠の初歩的な知識から応用までが分かる一冊。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/05/12Posted by ブクログ

      作庭家の父を持ったが故、日本庭園はすぐそこにあったもの。石灯籠もまた然り。
      でも何故そこにあるのなんて疑問に思った事はなくて。何となく、高輪プリンスのただ馬鹿でかいだけの品のない成金ぽい灯籠が嫌いだっ...

      続きを読む

    セーフモード