【最新刊】ものを冷やす 分子の運動を見る

ものを冷やす 分子の運動を見る

1冊

著:板倉聖宣

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ものが冷える」という現象について,楽しい実験をまじえ,原子・分子の動きを頭に描きながら解き明かします。寒剤の働きもスッキリ謎とき。サイエンスシアターシリーズって?「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。★★もくじ★★第1幕ものを冷やす方法水はなぜ蒸発するか飲食物を冷やす方法/熱湯の入った紅茶カップにサランラップをかけたら熱湯に風を吹きかけるとなぜ温度が下がるのか/蒸発熱=気化熱のことものを冷まさない方法/魔法瓶の〈まほう〉第2幕蒸発のなぞ引き合っているものを引き離すエネルギー同じ温度の液体の分子の速さは皆同じか水はなぜ,沸騰しなくても蒸発して水蒸気になるか水が蒸発すると,なぜ温度が下がるか水をどんどん蒸発させるとどこまで温度を下げられるかカレン博士の〈世界最初の冷凍機〉/湿度計の話,他第3幕寒剤のなぞをとく氷に食塩を混ぜたら,うんと冷たくなるか/砂糖と氷を混ぜたら,温度が下がるか湿気とりの〈塩化カルシウム〉も寒剤になるか硫酸は水と混ぜると熱を出すが,水ととても仲良し「水を使った寒剤」以外で,ものを冷やす方法,他付録サイエンスシアター運動の構想ぼくらはガリレオ・わたしはファラデー芸術やスポーツは自分の費用で楽しむ習慣がある〈学ぶこと〉を楽しみごとに変えた〈たのしい授業〉シアター(劇場)とよばれる科学の大講義室が中心だったロイヤル・インスティチューションにならって自分自身で科学を楽しむ習慣の確率をサイエンスシアター運動の内容,他※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    135ページ
    提供開始日
    2014/01/10
    連載誌/レーベル
    サイエンスシアターシリーズ
    出版社
    仮説社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード