粒と粉と分子 ものをどんどん小さくしていくと

著:板倉聖宣

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

科学は古代ギリシアの原子論を受け継いだ場所にだけ生まれた。では,最初の原子論者たちはどうして目に見えない「原子」などというものを考えついたのでしょうか?デモクリトスと同じ目で自然界を見る画期的な原子論入門。サイエンスシアターシリーズって?「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。★★もくじ★★第1幕デモクリトスの世界「つぶ」から「こな」へ第2幕粉にして分けるデモクリトスの世界2第3幕ライトスコープで見るカラー印刷の〈色の原子〉と原子の大きさ第4幕原子と分子とその模型粉つぶの集まりと分子の性質※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード