ことばの授業

著:村上道子

1,728円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

〈母語〉をみごとに使いこなす小学生に〈国語〉で何を教えるのか?言葉への興味をかきたてる「出会いの授業」,知識を増やし展望を広げる「読本の授業」,言葉を調べ定義する「辞典の授業」,考え方と表現を楽しむ「論理・作文の授業」他の,ふつうの「国語」とは一味も二味も違う授業プランと,楽しい授業記録を収録。★★もくじ★★第1章ことばとの出会い・ことばとの印象的な出会いをアクロスティックの詩『はるなつあきふゆ』の授業・読本〈太平洋〉の授業ひとに頼らずに自分で知識を得るための方法第2章辞書を使って・小学生のための国語辞典子どもの常識で引けて,直観で納得できる説明を・国語辞典入門のドリル多様な辞書,ノートに書かない,宿題にしない・小学生3年生のとらえた〈辞書観〉ふーん,いろんな説明のしかたがあるんだ・国語辞典をつくる授業子どもは頭の中に辞書をつくりつつ成長する第3章比喩となぞなぞ・〈比喩〉と〈なぞなぞ〉の授業比喩による理解と誤解・〔付録〕太陽だって生きている?科学・ことば・仮説実験授業・〈なぞなぞ〉で同音異義語の授業「かけてもかけても前に進まないもの」なあに?第4章ことばと論理・「なのに」と言ったら「だから」〈屁理屈のすすめ〉または〈論理学入門〉・文がどんどん続いてくる接続詞を使った作文・母語の教育は〈ことばの教育〉としてあとがきにかえて※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2013/12/22Posted by ブクログ

     国語が嫌いで,理科系に進み,でも,小学校教師になって国語の授業をしなければならない…そんな私のような立場の人間に,「国語の授業っておもしろいなあ」「国語の授業って役に立つんだなあ」と思わせてくれるに...

    続きを読む

セーフモード