原子論の歴史 上 誕生・勝利・追放

著:板倉聖宣

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    科学史と教育を専門とする著者の40年来の研究が結実。これまでの原子論についての通説を覆す画期的な論文です。古代ギリシアでデモクリトスなどがはじめて提唱して誕生した「原子論」。その古代原子論は,空想的に過ぎ,すぐにアリストテレスなどによって葬り去られたと思われていました。しかし事実は違います。古代においても原子論はエピクロスやアルキメデスに引き継がれ,人びとに受け入れられて勝利していたのです。ところが中世になると,キリスト教によって,「原子論=無神論」は追放されてしまうのです。★★もくじ★★第1章ギリシアの社会と哲学の誕生……原子論の誕生第2章アリストテレスの科学研究……「古代最大の哲学者」の生涯と原子論第3章科学になった原子論……重さに目をつけたエピクロス第4章その後の逍遙学派と原子論……ストラトンの〈真空論〉と重さの研究第5章アルキメデスの科学と原子論……付録:医学者エラシストラトスと原子論第6章ローマのエピクロス主義者たち……「原子の詩人」ルクレティウスとその他の詩人たち第7章紀元1~2世紀の原子論……セネカとルキアノスの時代第8章偽預言者事件と原子論者たち……キリスト教の国教化とギリシア哲学の追放※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/07/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード