かわりだねの科学者たち

著:板倉聖宣

2,764円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

民衆の中から生まれ,自らの好奇心を大事にし続けた個性あふれる科学者と教師10人。科学史を専門とする著者がさがし求めて出会った魅力的な人びとの,興味あふれる仕事と生涯をつづった大作。第一部は,日本の近代化のために仏教界その他からの迷信追放のために,たのしく奮闘した哲学者,井上円了から始まる。東京高等商業(現一橋大学)を定年退官してから東大国史学科に入学して奈良朝時代の人口を解明した沢田吾一,また安藤昌益や本多利明を発掘した狩野享吉,土星型原子模型を提出した長岡半太郎,たのしい科学を求めて数学教育改革運動にとりくんだ元回船問屋の若旦那・小倉金之助,化学を推理式に学ぶたのしさの普及に全力投球した永海佐一郎について。第二部は,渡辺敏,藤森良蔵,三沢勝衛らの伝記をとりあげる。渡辺敏は二本松藩士だったが,幕末の藩の海外防衛体制の不合理さに疑問をもったためにかえって明治維新のとき命びろいした教師,長野県の教師となった彼は,自由民権運動に加わって民衆のための実業教育を模索し,「一罎百験」という楽しい科学実験を開発。自由民権思想のうえに信濃教育の基礎を築いたイネムリ校長でもあった。藤森良蔵は受験数学の神様。「考え方研究社」を創設して,日本の受験産業の創始者でもあった。受験生のための「正義の味方」としての,その「坊ちゃん」的奮闘ぶりを描きだす。★★もくじ★★第一部日本の科学を本当にきずいてきた魅力ある科学者を求めて第一章妖怪博士・井上円了と妖怪学の展開第二章沢田吾一のこと第三章狩野亨吉のこと第四章長岡半太郎の仕事と生涯第五章小倉金之助・人とその思想第六章永海佐一郎のこと第二部日本の教育を本当にきずいてきた魅力ある教育者を求めて第七章藤森良蔵と考え方研究社第八章渡辺敏と三沢勝衛と藤森栄一第九章渡辺敏の一罎百験と自由民権教育思想第十章渡辺敏とその時代……伝統・非合理・実業・民権・自由教育※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード