温度をはかる

著:板倉聖宣

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    もっとも身近な測定器・温度計。今では,いろんな温度計があります。その便利な使い方や仕組みを紹介します。そこから,熱とか温度という,ふだん目に見えないものが目に見えるようになります。世界と日本での「温度計の発明発見物語」というお話も。サイエンスシアターシリーズって?「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。★★もくじ★★第1幕温度のはかり方巨大な空気温度計/気圧差計/いま,この部屋の温度は?/沸騰と温度最高と最低の気温第2幕いろいろな温度計水銀温度計/水銀も凍って銀のようになるかガリウムという金属/有望な「ガリウム温度計」100℃以下で液体になる元素金属/「アルコール温度計」の正体/温度計と体温計固体の温度計もあるか/バイメタルと,とびはね円板/バイメタル温度計第3幕デジタル温度計,その他デジタル表示の温度計/デジタル表示とアナログ表示/サーミスタの話セ氏温度にも華氏温度にも切替え簡単/温度アラームの設定の仕方色の変化で見る温度計=液晶温度計/赤外線の波長ではかる〈放射温度計〉高温計/温度計のまとめ/いろいろな温度計で温度をはかってみようおはなし温度計の発明発見物語※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード