拡張階層化状態遷移表設計手法Ver.2.0

著:渡辺政彦

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「組み込みの世界」が変わろうとしています。SOC、IP、Co-Sim、EC++、Java、WindowsCE、これらを上手に活用するためには、従来の設計手法では無理です。新技術に浮き足立つ前に腰を落ち着け、「組み込みの世界」に必須である『状態遷移』を身につけてください。本書は『状態遷移表』を拡張して階層化した設計手法の技術解説書です。『状態遷移表』において、「並列状態」「割込み」「階層化」「駆動型」「遷移型」などを、どのように表記し、どのように解釈されるかが定義されています。設計に『状態遷移表』を適用しようと考えておられる技術者や、すでに『状態遷移図』で設計をされている技術者の方々に一読をお勧めします。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/04/30Posted by ブクログ

    組込み系ソフトウェアの中には、状態遷移が厄介なものがあります。

    たとえば、ビデオの再生、停止、一時停止、早送り、、、といったボタンなどです。
    単純な処理に思えますが、ビデオが流れている状態として...

    続きを読む

セーフモード