工学部・水柿助教授の解脱 The Nirvana of Dr.Mizukaki

著:森博嗣

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本シリーズの特徴は話題の些末さ、否、多方面性のため、なかなか進まず、本題が何か忘却、否、もともと本題などない、というまさに人間の思考、会話、関係を象徴する点にあったのだが、前作で人気作家となりし水柿君なんとあっさり断筆、作家業を引退宣言。限りなく実話に近いらしいM(水柿)&S(須摩子)シリーズ、絶好調のまましみじみ完結!

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/08/13Posted by ブクログ

      『嘘で固めることは、真実で固めるよりも、ずっと才能が要求される。一番簡単なのは、嘘と真実をよく掻き混ぜて硬化させる手法である。』

      「よくわかんないけど、まあ、でも、将来性はないみたい」
      「将来性なん...

      続きを読む
    • 2011/10/25Posted by ブクログ

      「工学部・水柿助教授の解脱」森博嗣
      エッセイ風私小説。藁半紙色。

      他のレビューで書いたかもしれませんが、自分、森博嗣の小説が体質的にあわないようで…
      これだけ売れてる作家さんの作品で、「あ、無理」っ...

      続きを読む
    • 2013/08/04Posted by ブクログ

      水柿助教授、通称Mシリーズ第三弾。最終巻である。

      相変わらずの水柿先生と須磨子さんのほのぼの夫婦生活に突如として入り込んできた可愛いの三乗くらい可愛いシェットランドシープドッグ、パスカルとの物語が主...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000212393","price":"627"}]

    セーフモード