四つ話のクローバー

著:水野敬也

1,490円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

200万部の大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」著者による、幸せになるための4つの物語。クローバーは通常三つ葉ですが、ごくまれに四つの葉をつけることがあります。この「四つ葉のクローバー」を見つけた人には幸運が訪れるという伝説があり、(土地や文献によっても異なりますが)四つの葉にはそれぞれ「faith(誠実)」「happiness(幸福)」「heart(愛情)」「hope(希望)」の意味があると言われています。そして、本書「四つ話のクローバー」に登場する4つの物語にも、「笑い」や「感動」だけではなく、「幸運」を呼び込むための具体的なヒントがつまっています。■第一話:「この世界に存在する『たった一つの成功法則』を教えてもらえる」。その噂を信じて会長室の扉を開けた男が見たものは――「深沢会長の秘密」■第二話:12月31日、大みそかの夜。「紅白歌合戦」をはるかに超える視聴率を叩き出す怪物番組が現れた――「ハッピーコロシアム」■第三話:突然、駅のホームで幽霊になってしまった男は、世にも不思議な「人生」の授業に参加する――「見えない学校」■第四話:深夜、誰もいない遊園地で親子が途方に暮れていた。「ジェットコースターに乗せてもらえなければ、私たちは死んでしまうのです」――「氷の親子」4つの物語を読み終えたとき――あなたの元に幸運が訪れているかもしれません。電子化にあたって、紙で出版されたものに一部追記があります。

続きを読む

レビュー

3.6
76
5
16
4
25
3
30
2
5
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/05Posted by ブクログ

    星新一を軽妙にした感じで、30分で読み終わってしまった。4話目の氷の親子は感動。夢をかなえるゾウの2匹目のドジョウ狙いが若干・・・。

  • ネタバレ
    2019/04/13Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/12/30Posted by ブクログ

    成功するための法則、人生の生き方を4つの物語で示しています。
    テーマは「願望を育てる」「欲望と感謝」、「共感」、「いのち」。

    物語はとんでもない設定ですが、著者が言いたいことには納得させられます。
    ...

    続きを読む
開く

セーフモード