雨の日も、晴れ男

著:水野敬也

609円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ある日、二人の幼い神のいたずらで、不幸な出来事が次々に起こる会社員アレックス。リストラされても、詐欺に遭っても、見知らぬ男に殴られても、妻が子供と出ていっても――どんなにつらいことがあっても明日に希望を持てる、人生で一番大切な事は何かを教えてくれる「笑えて」「泣けて」「タメになる」エンターテインメント小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    141
    5
    29
    4
    44
    3
    51
    2
    15
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/10/22Posted by ブクログ

      私には、どう考えても雨男どころか、嵐を呼ぶ男なのに、自分を晴れ男と言い張る息子がいる。彼の本棚にあったので、読んでみた。なるほど、こういうことか。悪くない(^^)

    • 2019/10/10Posted by ブクログ

      うーん。
      ギャグセンスにキレがなくて、滑ってる芸人の話を見ているような感覚があった(笑)
      ひとつひとつの展開も読めてしまって、個人的にはいつ盛り上がりがくるのかなぁと思ってるうちに終わってしまった。
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード