「病気」と「健康」の法則

著:ロバート・ハシンガー

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

人間はなぜ、病気になるのか?古今東西の医療に詳しい医師がたどり着いた「結論」人間はなぜ、病気になるのか。健康であるとは、いったいどういうことなのか。その、かんたんには答えの出ない「問い」について書いたのが、この本です。著者であるロバート・ハシンガー先生によれば、「生体のどこかで、ATP(アデノシン三リン酸)が不足するから、人間は病気になる」とのこと。たとえば頭痛というシグナルは、私たちに、体のなかで問題が起きていることを教えてくれます。シグナルがなければ体内のATPは不足しつづけ、生命に危険が及ぶこともありますから、病気の症状が出ることは、人間が生き残っていくため、種が存続していくために生体に備えられた機能の一つ。さらには、病気にかかることそれ自体が、健康な体をつくるうえで極めて大事な働きをしている。――そう語るロバート先生は、西洋医学はもちろん、東洋医学やホメオパシーまで、古今東西の医学を学び、実践してきた博覧強記のドイツ人医師。「病気と健康は対極にあるものではなく、人間が健康に生きていくためには病気が必要」という言葉は、ロバート先生のこれまでの膨大な経験に裏打ちされたメッセージです。健康が気になる方はもちろん、働き盛りの方から、お子さんを育てている方まで、「なるほどそうか!」と目から鱗が落ちる内容が満載。いつまでも健康に過ごしてほしいあの人への贈り物にもぜひどうぞ。*目次より◎風邪をひくと体を温めたほうがよいのはなぜ?◎インフルエンザが流行しているときに子どもを叱ってはいけない◎子どもが欲しければ週に三回はセックスしなさい◎病気は人間が生き残るために組み込まれた大事なメカニズム◎ポジティブシンキングではなく、ポジティブエモーションが大事◎健康な人間の体は「ジャスト・イン・タイム」方式◎規則正しい生活を続けすぎると、体は弱くなる◎健康に生きたければ、ATPを増やしなさい

続きを読む

レビュー

4
2
5
0
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2014/06/13Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2014/01/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/12/03Posted by ブクログ

     著者は、突き詰めると生体のどこかでATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー源が不足しているから、人間は病気になると結論づけています。
    「健康」とは、生体内のエネルギーバランスがきちんと保たれてい...

    続きを読む

セーフモード