天游 : 蘭学の架け橋となった男

著:中川なをみ 画:こしだミカ

1,001円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛妻のさだに助けられ、医学にとどまらず物理、数学、自然科学の分野など新たな蘭学の研究分野を切りひらき、緒方洪庵を育てた中天游の物語。子どもと大人が共有できる新しい児童文学。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/05Posted by ブクログ

      実家の本棚から借りてきた本書。
      数年前、父から「本屋に行くなら買ってきてくれ」と頼まれた本でした。
      父からの頼まれごとが珍しかったのと、児童書だったことに興味を惹かれて、ずっと頭の片隅で覚えていました...

      続きを読む
    • 2012/11/04Posted by ブクログ

      様々なことを不思議だな、知りたいなと思う、興味の幅の広さ、いいなと思う。
      しかし、もっと素晴らしいと思うのは、それをただの興味だけに留めず、きちんと調べ、学び、書物などの形にしていくところ。
      そしてま...

      続きを読む
    • 2012/10/27Posted by ブクログ

      緒方洪庵の師匠だった中川天游について書いた作品。こういうあまり知られていない人の伝記を読むのも面白いなぁと思った。子供向けなので読みやすい。

    開く

    セーフモード