一九四一黄色い蝶

作:岩崎京子 絵:山中冬児

929円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    のんびりやの長女、16歳。慎重派の次女、14歳。あまったれの三女、8歳。太平洋戦争がはじまった年、昭和16年(1941年)。人々は、何を思い、どのような毎日を過ごしていたか。そのとき、少女たちは…。平和への祈りを込めてつづる、著者の自伝的作品。

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/05/11Posted by ブクログ

      短編くらいの内容量。ジュニア向けという所もあるが、突っ込みが不足して宙ぶらりんな印象。三姉妹の描き分けはなかなか面白いが視点のブレが気になる。伝えたいこともあまり伝わってこなくて残念。

    セーフモード