ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの

フロイト/中山元(訳)

928円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

『カラマーゾフの兄弟』の父親殺しをテーマに、ドストエフスキーの性格と作品を分析した論文と、ホフマンの「砂男」の分析を中心に考察をすすめる「不気味なもの」。ほかにも、シェイクスピア、イプセン、ゲーテといった名だたる文豪たちの「無意識」がフロイトによって暴かれる!みずからの理論を発展させ、鋭い精神分析的考察で文学を読み解き、以降の文学論に大きな影響を与えた重要論文6編。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード