罪と罰 2

ドストエフスキー/亀山郁夫(訳)

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    目の前にとつぜん現れた愛する母と妹。ラスコーリニコフは再会の喜びを味わう余裕もなく、奈落の底に突きおとされる。おりしも、敏腕の予審判事ポルフィーリーのもとに出向くことになった彼は、そこで、背筋の凍るような恐怖を味わわされる。すでに戦いは始まっていた!予審判事との駆け引きで明かされるラスコーリニコフの「殺人思想」とは?犯罪小説の雄、戦慄の第二巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード