人口論

マルサス/斉藤悦則(訳)

935円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    人口から世界が見える!「人口は等比級数的に増加するが、食糧は等差級数的にしか増えない。そして、人の性欲はなくならない。」シンプルな命題を提起し、人口と食糧のアンバランスが生む問題に切り込んで、19世紀の進歩思想に大きな影響を与えた書。のちに大経済学者となるマルサスの意気盛んなメッセージを、クリアな訳文で。「大胆にして修辞的であり、華麗な言い回しと情緒に富んでいる」(ケインズ)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード