サロメ

ワイルド/平野啓一郎(訳)

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    妖しい月光の下、継父ヘロデ王の御前で艶やかに舞ってみせた王女サロメが褒美に求めたものは、囚われの美しき預言者ヨカナーンの首だった――作家・平野啓一郎が、これまでの「悪女(ファム・ファタール)」としてのサロメ像を一新し、原文に忠実に、無垢で残酷な少女としてのサロメの激情と悲劇的結末を浮き彫りにする新訳。詳細な註と解説つき。宮本亜門による舞台化原作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/01/08Posted by ブクログ

      やはりすごい本で、一気に読んでしまった。訳も新訳でこなれていて読みやすい、ということもあったかもしれない。とくに終盤、ヘロデとサロメのやりとり(といってもほとんどヘロデがしゃべっているが)には、えもい...

      続きを読む
    • 2017/12/18Posted by ブクログ

      戯曲。これがとても面白かった。今はもうこういうの出てこないだろうけど新訳で読みやすくなり雰囲気がつかみやすかった。何を見るかによって印象が違うかもしれないがそれぞれに何かを象徴していて印象的だった。

    • 2012/08/28Posted by ブクログ

      まずは新訳。表紙がなかなかホラー。そのうち鴎外にもとりかかりたいです。
      言葉が右往左往する様が不穏でしゃーない(ドM顔で)
      あとすごくほも

    開く
    [{"item_id":"A000211989","price":"748"}]

    セーフモード