幻想の未来/文化への不満

フロイト/中山元(訳)

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

抑圧に抵抗しようとする人間の自己破壊的な傾向に注目しながら、宗教のはたす役割を考察し、理性の力で宗教という神経症を治療すべきだと説く表題2論文と、一神教誕生の経緯を考察する「モーセと一神教(抄)」。現代のヨーロッパ社会のあり方と、キリスト教という宗教の本質についての卓抜した洞察から、晩年のフロイトのもつ苦い味と、人間に対する透徹したまなざしが実感できる論文集。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード