永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編

カント/中山元(訳)

658円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

カントが普通の言葉で語り始めた!本書で繰り返し説くのは、自分の頭で考えることの困難と重要性。「永遠平和のために」は常備軍の廃止、国際連合の設立を唱え、「啓蒙とは何か」は、他人の意見をあたかも自分のもののように思いこむ弊害を指摘している。他に「世界市民という視点からみた普遍史の理念」「人類の歴史の憶測的な起源」「万物の終焉」を収録。現在でも輝きを失わないカントの現実的な問題意識に貫かれた論文集。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード