会長島耕作 2巻

弘兼憲史

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

入社から44年。総合電機メーカー「テコット」の会長に就任した島耕作が手始めに目を付けたのは、未知なる領域「農業」だった。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)開始を目前とし、今まさに激動の中にある日本農業に、島は新風を吹き込むことができるのか。日本を代表するスーパービジネスマン・島耕作の新たなる挑戦が始まる!

続きを読む
  • 会長島耕作 全 12 巻

    未購入巻をまとめて購入

    会長島耕作 全 12 巻

    7,920円(税込)
    79pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/09/18Posted by ブクログ

    経済連、そして経済交友会に加入した島耕作。次なる注目分野は農業。農業大国=オランダの視察へ旅立つ。オランダなではの考え方、政策などが、分かりやすく紹介されている。

  • 2014/06/30Posted by ブクログ

    政治と農業・・・。

    長きに渡り自民党庇護下にあった日本の農業。
    政治家にとっては集票マシン、それがバブル前期の
    悪名高き海外旅行集団と化したんだよね。

    自給率は国の根幹、オランダから学ぶモノは何ぞ...

    続きを読む

セーフモード