【完結済み】会長島耕作 1巻

会長島耕作

完結

13冊

弘兼憲史

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

会長に就任した島耕作。業界への利益誘導を目的とする経済連から距離を置き、個人加盟で国益のために活動する経済交友会を中心に「財界活動」をおこなうことにした。島が尽力するのは、日本の「農業問題」。食糧自給率と国内の雇用を確保するため、新たな農業モデルの確立を決意する。会長となり、会社という枠に縛られずに活動する島の舞台は全世界。日本の国益を背負って、より大きなステージで島耕作は活躍する。

続きを読む
ページ数
186ページ
提供開始日
2014/01/23
連載誌/レーベル
モーニング
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 会長島耕作 全 13 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    会長島耕作 全 13 巻

    8,580円(税込)
    85pt獲得

レビュー

4.2
17
5
9
4
4
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2020/02/07Posted by ブクログ

    会長編も完結、次期社長人事は思い切った人選でした。まぁコミックだからできるんでしょうが。次期社長人事を巡っての政治的な駆け引きはあーありがちって感じでしたね。

  • 2020/01/26Posted by ブクログ

    令和の時代に入り、ついに島耕作が会長職を引退することになった。今後は相談役になるようだが、まだまだ日本経済のために色々とやることがあるようだ。
    国分社長、島会長の体制で6年やってきたTECOTだが、新...

    続きを読む
  • 2019/12/29Posted by ブクログ

    課長島耕作が始まった頃、私は未だ高校生
    バブル時代と大学生時代が重なり
    島耕作も同時に出世して行った。

    その島耕作も会長を退き相談役へ
    サラリーマンの階段を登り切った
    この様なサラリーマン生活を全う...

    続きを読む
開く

セーフモード