通りゃんせ

著者:宇江佐真理

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    25歳のサラリーマン・大森連は小仏峠の滝で気を失い、天明6年の武蔵国青畑村にタイムスリップ。驚きつつも懸命に生き抜こうとする連と村人たちを飢饉が襲い……時代を超えた感動の歴史長編!

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    11
    5
    1
    4
    4
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/13Posted by ブクログ

      連が江戸時代の人間らしくなっていくのをみてなんだかしみじみとした気持ちになった
      個人的に時次郎がかっこいい。

    • 2018/11/24Posted by ブクログ

      タイムスリップもあるが江戸時代の農家の生活が描かれる。歴史に名を残さぬ人々の生活を感じることができる。

    • 2017/07/28Posted by ブクログ

      面白いけど、なんか残念なところもたくさん。
      出来過ぎな面と最後がドタバタ急ぎすぎなのと…。
      あと、「何だろう」を「何んだろう」っていう表現なのが違和感を感じで気持ち悪かった。
      その辺に目を瞑れば、面白...

      続きを読む
    開く

    セーフモード