十六年待って 髪ゆい猫字屋繁盛記

著者:今井絵美子

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    余命幾ばくもないおしんの心残りは、非業の死をとげた妹のひとり娘のこと。おたみはそんなおしんに心を寄せて、なけなしの形見を届ける役を買って出る。人と真摯に向き合う姿に胸熱くなる江戸人情時代小説!

    続きを読む
    • 髪ゆい猫字屋繁盛記 全 8 巻

      未購入巻をまとめて購入

      髪ゆい猫字屋繁盛記 全 8 巻

      5,060円(税込)
      50pt獲得

    レビュー

    3.6
    6
    5
    0
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/16Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)

      二月の初午になると、毎年決まって縁切りの絵馬を買っていく女。のっぴきならない因縁を抱えているのか、絵馬売りの甚太はどうにも気になって仕方ないのだが…(「初花」)...

      続きを読む
    • 2016/02/15Posted by ブクログ

      連作短編4話が、掲載されている。
      平岩弓枝、宇江佐真理、諸田玲子氏等、大好きである。
      この今井絵美子氏も、江戸言葉をうまく表現している。
      鶴亀鶴亀、ひょうたくれ、つがもねえ、へそが茶を沸かす、てんごう...

      続きを読む
    • 2015/11/14Posted by ブクログ

      竹蔵に昔の好い人が
      今井先生の作品ってエピソードがその巻で
      終わらない・・・後日談だったり次の作品
      で描かれたり・・・日常を見ているみたい

    開く

    セーフモード