寒紅梅 髪ゆい猫字屋繁盛記

著者:今井絵美子

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    恋する女に唆されて親分を手にかけ遠島送りになった黒岩のサブが、江戸に舞い戻ってきた――!?喜びも哀しみもその身に引き受けて暮らす市井の人々のありようを描く大好評人情時代小説シリーズ、第二弾!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/08Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)

      ある日猫字屋のおたみの許を訪ねて来た鹿一。髪結の腕も確かで雛男の彼が雇人を続けていたのには他人に言えない訳があって…。別の日、思案橋の欄干に窶れ果てた姿をさらし...

      続きを読む
    • 2015/11/07Posted by ブクログ

      以前のシリーズから時間もたち
      書き役さんも魚屋に婿入りしてます
      舞台は髪結い処で、江戸中の噂話を
      登場人物が落語の世界のように話し
      ていて、事件もそこで語られる!

    • 2015/05/08Posted by ブクログ

      髪ゆい猫字屋繁盛記第二弾。
      猫字屋の新しい雇い人、鹿一がこれまた訳ありのようで、
      今後の展開に期待したいところ。

      それにしても、猫字屋シリーズとその前作、自身番書役シリーズをすでに読んでいる人には、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード