【最新刊】北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録

北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録

著者:伊東潤

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    関東の覇者、小田原・北条氏に生まれ、上杉謙信の養子となってその後継と目された三郎景虎。越相同盟による関東の平和を願うも、苛酷な運命が待ち受ける。己の理想に生きた悲劇の武将を描く歴史長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/10
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2016/06/26Posted by ブクログ

      伊東潤さんの本を月1ぐらいで読み漁っていますが
      今月読んだこの「北天蒼星」もおもしろかったですね。

      上杉謙信が亡くなった後に勃発する跡目争い。
      その敗者側の上杉景虎の視点で書かれた小説。

      今まで自...

      続きを読む
    • 2015/01/20Posted by ブクログ

      運命に弄ばれるかのようであり、同時に「徒手空拳から運命を拓く」かのように争いの一方の頭領格となる上杉景虎…揺れる心情や、迫られる選択等、景虎の生き様が活写される本作である…

      本作では…かの『天地人』...

      続きを読む
    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      謙信の死後、2人の養子が家督相続をめぐって争いが
      起こりました。北条氏から養子に入った上杉景虎の
      視線から書かれた小説です。
      「天地人」の主人公・直江兼続がヒール役に
      なっています。

    開く
    [{"item_id":"A000211542","price":"836"}]

    セーフモード