春雨物語 現代語訳付き

著者:上田秋成 訳注:井上泰至

913円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「血かたびら」「死首の咲顔」「宮木が塚」をはじめとする一〇の短編集。物語の舞台を古今の出来事に求め、異界の者の出現や死者のよみがえりなどの怪奇現象を通じ、人間の深い業を描き出す。秋成晩年の幻の名作。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/27Posted by ブクログ

      『雨月物語』に比べると何か影が薄いですが、それは『雨月物語』の方が怪異色が強くて印象に残りやすい話が多かったからかと思います。
      『春雨物語』は人間の物語にいい作品が多かったです。自分は「死首の笑顔」、...

      続きを読む

    セーフモード