金正恩の北朝鮮 独裁の深層

著者:黒田勝弘 著者:武貞秀士

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金正恩の就任から二年。北朝鮮は何が変わったのか?二人の朝鮮半島問題専門家が、核保持宣言、戦争危機騒動、元NBA選手の招待などの事象を分析。浮かび上がる「統一」というキーワードから北朝鮮問題に挑む!

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/08Posted by ブクログ

      産経のソウル支局長を長く務めた黒田勝弘氏と、防衛庁の防衛研修所に入所した経歴のある武貞秀士氏の対談。
      両者ともに保守の流れを組んでいるが、朝鮮半島に長く関わり、時には韓国・北朝鮮によりそう見方をする黒...

      続きを読む
    • 2014/04/05Posted by ブクログ

      北朝鮮と韓国が統一されてコリアが核兵器を持つことは中国にとっては脅威ではない。
      金正恩はアメリカにも強い関心あるし、スイスにも留学していたから従来の指導者とは異なる。

    • 2014/03/18Posted by ブクログ

      北朝鮮はしたたかですね。
      意外にも南北朝鮮が統一する日が近いかもしれない、そんなことを感じた一冊でした。

    セーフモード