新版 歎異抄 現代語訳付き

訳注:千葉乗隆 著者:千葉乗隆

410円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

愛弟子が親鸞の教えを正しく伝えるべく、直接見聞した発言と行動を思い出しながら綴った『歎異抄』。人々を苦悩から救済するに努めた親鸞の情念を、わかりやすい注釈と口語訳で鮮やかに伝える決定版。

続きを読む

レビュー

3.6
6
5
1
4
2
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/08/15Posted by ブクログ

    ”・第三条 善人なをもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや。(p.16)
    ・第九条
     「念仏を申しておりましても、おどりあがるような喜びがありません。また、急いで浄土へまいりたいとい心もおこりません」
     ...

    続きを読む
  • 2018/12/30Posted by ブクログ

    親鸞の教えが書かれています。

    ・極楽へ行く為には、念仏以外に他の善い行いは必要ない。
    ・ただひたすら本願を信じればよい

    このような教えなので、庶民にとってはなにも考えずに信じればいいだけなので楽だ...

    続きを読む
  • 2018/11/24Posted by ブクログ

    読了

    他力本願の極まった境地

    自分の信じる人から殺人をしろ、と、言われても殺せない、それは、縁がないから。

    救われる為に念仏するのは、自力で、本願ではない

    阿弥陀如来をただ信じて念仏すれば、そ...

    続きを読む
開く

セーフモード