しきたりの日本文化

著者:神崎宣武

475円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

喪中とはいつまでをいうのか。時代や社会の変化につれて、もとの意味や意義が薄れたり、変容してきた日本のしきたり。「私」「家」「共」「生」「死」という観点から、しきたりを日本文化として民俗学的に読み解く。

続きを読む

レビュー

3
3
5
0
4
1
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2016/02/13Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2015/01/29Posted by ブクログ

    おみくじ護符であるので吉がでたら財布に入れるか神棚に納めるかして1年間のお守りにする。凶がでたら逆手(利き手でないほうの手)で枝に結ぶ。結びにくいことで「行」とし身を祓い再びおみくじを引くのだそうだ。...

    続きを読む
  • 2012/06/21Posted by ブクログ

    いかに今の日本人が文化的しきたりを忘れているかもしくは、間違った解釈をしているのかよく分かり考えさせられた。

    しきたりというものは古臭い物なのだろうか?

    あるものは形は変えても現代に残り、あるもの...

    続きを読む

セーフモード