【最新刊】能面島神隠し事件 ―女学生探偵シリーズ―

女学生探偵と偏屈作家

4冊

著者:てにをは イラスト:笹原智映

836円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

PayPayの特典は、PayPayボーナスライトが後日付与されます。譲渡できません。有効期限は処理日から60日です。利用するにはYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。その他注意点はこちらをご確認ください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    累計180万再生の人気シリーズより小説第4弾。6年に一度の秘祭で知られる能面島で“神様”が殺された!? 取材中のひばりたちは、島に残る伝説の旧帝国軍部の極秘計画を知る。宿敵・大鴉が登場の最新刊!?

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/29
    • 女学生探偵と偏屈作家 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      女学生探偵と偏屈作家 全 4 巻

      3,344円(税込)
      968円相当33pt獲得

    レビュー

    3.8
    30
    5
    8
    4
    10
    3
    11
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/02/11Posted by ブクログ

       帯に『大人気ボカロ曲「古書屋敷殺人事件」の著者が紡ぐ女学生探偵シリーズ』とあるとおり、そのシリーズだか曲だかを知っている人向けでしたね。
       まったく知らずに読んでも読めなくはないけど、時代設定もキャ...

      続きを読む
    • 2019/01/17Posted by ブクログ

      推理大好き女学生が、小説家の家で助手をしたり
      推理してみたり。

      人が死んでないのはともかく、最後の話は
      首を突っ込むのはどうかと…。
      いや、公認(?)で首を突っ込んだというか
      突っ込まされたというか...

      続きを読む
    • 2018/03/22Posted by ブクログ

      満を持して登場の怪盗大鴉。今回は彼の活躍が目立ちます。
      6年に一度の秘祭で知られる、絶海の孤島・能面島。その取材にやってきたひばりたちは、祭りの一環で能面を付けた少年たちに出迎えられる。
      少年たちは島...

      続きを読む
    開く

    セーフモード