サイゾー 2016年7月号

サイゾー編集部

998円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    エンタテインメント&ビジネスは【サイゾー】1冊でチェキ! ●【第1特集】●キケンで過激なエロの美学●危険を冒してまで貪りまくりたくなる奥ゆかしきエロの世界。本特集では、品のある下ネタでバラエティ番組を沸かす大久保佳代子に聞く“許されるエロ・炎上するエロ”に始まり、芸能界にはびこる枕営業の実態、スポーツ界で話題の“ユニフォーム”から考察するエロティシズムの功罪、そして、エロを封殺しようとするグーグル・アドセンス問題など、あらゆる角度からエロを徹底追求!●【目次】●■【大久保佳代子】が教える許されるエロと炎上するエロ●■グラドル【枕営業】の経済学●■【性犯罪裁判】の生々しきエロパンチライン●■ユニフォームとスポンサーに見る【スポーツ“エロ観戦”】の功罪●■金と権力でエロ記事を強制排除!【グーグル帝国】の野望●■多様すぎる【性の文化人類学】●■SF的【未来の性】とテクノロジー●■【聖職者】の禁欲は“今は昔”? はやりの教義は性の解放だ●■【ヤクザとエロ産業】の関係●■【個室ビデオ】産業のウラ側●■“素人女優”がハメハメする【同人AV】ってなんだ!?●【第2特集】●『月9』大爆死報道の誤解と真相●このところフジテレビ『月9』ドラマの視聴率低迷が続く。福山雅治主演の『ラヴソング』さえ、『月9』史上最低視聴率を更新してしまっている。ビジネスという観点からみたときに、それはテレビの終わりを表しているのだろうか?●【第3特集】●アートビジネスと”金”のキケンな関係●「パナマ文書」をきっかけに有名絵画が押収されたり、ZOZOTOWN創業者がバスキアの絵を60億円超で落札したりと、アートと金が絡む ニュースが話題となる昨今。いったい、芸術作品の“価値”とは何で、そこにはどのような欲望がうごめいているのか。そのウラ側を追う!●【P様の匣】●【菅なな子】●SKE48を巣立ち名古屋大学に入学した元エースの今●〈News Source〉●■ジョジョ4部実写化で【ジャニーズ】が大激怒●■【エイベックス】がパチンコ製造メーカーと会社設立でカジノビジネスに参入?●■【ドローン】が日本で普及しない”本当の理由”●

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード