紗央里ちゃんの家

著者:矢部嵩

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祖母が風邪で死んだと知らされた小学5年生の僕。叔母夫婦の家からは従姉の紗央里ちゃんの姿も消え、叔母たちの様子はどこかおかしい。僕はこっそり家中を探し始める。第13回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    2.4
    28
    5
    1
    4
    4
    3
    8
    2
    9
    1
    6
    レビュー投稿
    • 2017/09/07Posted by ブクログ

      死体の部分部分を家中あらゆる隙間から見つけてた僕がそのときは恐怖よりも高揚が勝っていたくらいなのに、夜ホラー映画観て怖がっているところが面白かった。象徴的な場面だなと思った。そこにあるものの気配は微塵...

      続きを読む
    • 2017/07/19Posted by ブクログ

      小学5年生の僕が主人公で、終始その主人公の視点で描かれているために、文章が幼く感じるところが多々ある。
      が、冷静に考えて、”僕”を通して狂気の家の全貌を見ようとしているのだから当たり前だ。
      そんな物語...

      続きを読む
    • 2017/05/29Posted by ブクログ

      何か仕掛けがあるような気もするがあるんだかないんだかかわからずじまい。
      角川ホラー文庫を読んだのは15年ぶりくらいだけど、たまにはこういうのもいいか。

    開く

    セーフモード