美しく怒れ

著者:岡本太郎

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「憤り」とは世界に体当たりする情熱である――。グローバル時代の社交術から官僚依存批判、シャツスタイルのススメまで、時代の数歩先を駆け抜けた芸術家による鮮やかな日本論!岡本敏子による「太郎の眼」収録。

    続きを読む

    レビュー

    4
    16
    5
    7
    4
    5
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/20Posted by ブクログ

      岡本太郎が当時 憤っていたことは、今も全く改善されちゃいないって感じたなあ、、でもまあ人間だから 仕方ないのかも、、、だからこそ、この人の考え方は、今も持ち続けて美しく怒っていかないとな、、

    • 2019/01/10Posted by ブクログ

      太陽の塔の内部が公開されたことを
      キッカケに読んでみた。
      とても純粋な人だったのだと思う。
      「怒られる」と見たら「おこられる」と
      読むのが一般的だろうが、
      この作品では「いかられる」という体験を
      する...

      続きを読む
    • 2018/12/20Posted by ブクログ

      vol.198 欺瞞を見抜くために必要な眼とは?「肩書きは人間」と言い張った巨人の言葉。http://www.shirayu.com/letter/2013/000400.html

    開く

    セーフモード